ピニングの思い込みを外す☆ヘアセット講習

  • {292692CF-EA93-46C8-8E60-18020A59B0AA}
ピニングがしっかり留まっていれば、簡単にゆるふわも作る事が出来ます
 
以前、受講された方で、ピニングに対する思い込みが強かったために、なかなか上手く留まらなかった方がいらっしゃいました
 

「ピニングの思い込みを外す☆ヘアセット講習」

 
 
ここで、ピニングのコツと逆を行ってしまう思い込みをご紹介します
 
思い込み
 →緩まないように毛束は、きちんとしっかりキツく捻る
 
思い込み
 →ピン先を引っ掛けて、ひっくり返してピンを前に押す。留める位置の毛束を上から押さえ込む
 
思い込み
 →取れるのが心配だから、ピンの間に毛束を多くしっかり挟み込む
 
 
この思い込みから、想定される失敗例
 
ねじりがキツ過ぎて、ピンが横向きになる、またはピンが戻ってきてしまう。
 
ピンポイントで留まる原理が分かっていない。そして、一本では留められない
 
ピン先が飛び出たり、ピンが開き過ぎて使えなくなる、またビタッと留まらず、ゆるくプカプカ浮いてしまう
ピニングの上手く留めるコツは、
「量より質」
不安だから、多めに毛束を留めておきたい
 
→そうですよね、気持ちはよく分かります!私もそうでした😅
 
しかし、かえって上手く留まりません必ず毛束の比率の5:5は守りましょうビックリマーク
 
ひらめき電球そしてまず、ピニングのスタート位置の把握が大切です‼️毛束を押さえてるもう片方の手の使い方もかなり重要です!!!
 
どこを留めるかが分かっていると、毛束を浮かせて緩ませても、しっかり留めることが出来ますそして、比率を守り、土台とループの毛をちゃんと捉えることがポイントです!
 
それでも、多めに挟み込んでしまう方は…腹八分目に習い、これじゃ物足りないかな 不安だわ…くらいの量でピニングすると、ビタッと留まりますお試しください!笑
 
 
うまく留まらない原因としては他にも
左手の押さえている位置
ピンの持ち方
立ち位置
ピンの差し込み方
ピンの向かう先 などなど
 
細かく分けるとたくさんありますので、
今回ご紹介したのは一例ですが、ご参考までに~
 
 
ちなみに
※丸11年ヘアセットの基礎基本講習を行ってきて思うこと→→→それは人によって、上手くいかない原因は様々
ですので、LP-Beautyのヘアセット講習はマンツーマン指導〜少人数制にて、その方の上手くいかない原因を探り、修正や改善をし、必ず上達して頂けるよう取り組んでいます‼️
 
 
➡️絶対上手くなりたい方や、
自分たちの組織をヘアセット強化したい❗️
まずは教えられる人を作りたい❗️等など…
 
何かお悩みをお持ちの方は、是非一度お気軽にお問い合わせや 受講をご検討下さいませ😊✨表参道プラン、または出張にて対応中♡
お待ちしております❣️
 
 
 
 
ベルLPからのお知らせベル 
 
 
コミュニケーションとヘアセット講習をコラボさせた
教えるための教え方講習も行っております。
 
 
 
★ヘアセット講習について
 
受講検討中の方のためのオンライン相談、
始めての方のための表参道プラン、
リピーターの方向けのオンラインレッスンや、講習についての
 
 
 
 
 

にくきゅうLP-Beautyのホームページにくきゅう

ヘアセット講習☆詳細
 
→基礎・基本と逆毛というスタイル作りのパーツを学び、

組み立て理論でパーツの設計図作りや考え方、似合わせ方を学ぶスタイル数は無限大

 
 
 
インスタグラム

講習の日程、お問い合わせはこちらから

講習日程 / ご予約