画像で見る☆巻き髪とウェーブヘアの違い

{5FE7B623-8FEC-41FD-BAC0-DDB106DD469E}

「画像で見る☆巻き髪とウェーブヘアの違い」

 
上の画像は
 

左が32ミリのコテを使った

 お馴染みのカールウェーブ巻き
 
右が初挑戦ウェーブニュアンスヘア
(モデルは同じ女の子ですa-tan
 
 
どちらが好みでしょうか?
 
時間的なことで、お伝えすると…
左のコテで作るカールウェーブ巻きの方が、
右のウェーブニュアンスより、時短で早く作ることが出来ます(笑)
 
 
ちなみに
ウェーブニュアンスヘアの作り方は、下の画像をご覧ください ↓↓↓
 
 
右の画像のように、まずはストレートアイロンで波ウェーブを作ります
 
(→ストレートアイロンで作る波ウェーブが上手くいかない方、まずはそこから練習ですね💦
髪質により波ウェーブの作り方は数種類ありますが、どの髪質の方もカクカクしないよう手首は滑らかに動かしてウェーブ作りを目指しましょう)
 
 
ちなみに、セルフ巻きされる時は、ストレートアイロンでは無く、コテを使うとやりやすい方もいらっしゃると思います!
※ただし、巻きが取れやすい方は、ストレートアイロンで作る方が取れにくいので、オススメです。
 
 
左の画像のように、所々コテでニュアンス巻きを加え、波ウェーブに馴染ませると完成です
 
(→※この時のコテの扱い方は、毛束上でスライドさせながら、緩いカーブを作ります!)
 
{0E7EF27C-C6E2-4EF2-BB6B-CF4978A82EE5}
 
さらに夜セットは、時間をかけ過ぎ注意なので…
バック表面と両サイドはストレートを使ったウェーブ、
バック中の毛はコテで緩いカールウェーブ巻きして時短作りを心掛けています
 
↑ 特に、毛量が多い方や、髪が硬い方、なかなか跡が付きにくい方は時間かかります!
 
ちなみに
コテで交互に充てながら作るウェーブは、セルフだとやりやすいのでオススメですが
仕事で考えると、やはり多毛の方や髪の硬い方は、時間がかかり過ぎるので
全毛コテの交互ウェーブだと厳しいかと思われます。。。
 
もし、「いや、早く出来ますよ!」って方法があれば逆に是非教えて頂きたいくらいです!
多毛・健康毛・毛先のバツ切りの攻略法をいつも考えています(笑)
 
 
何を優先させるかは、それぞれの環境に合わせて使い分けできるといいですね!
おもてなしを重要視している美容室や、一生に一度の結婚式ブライダル関係では
時短し過ぎず、丁寧に作り上げることも大切です
 
 

まだまだ気になる事がいっぱいなので、今後もしばらく研究続けようと思いまーす

 

 

※11年ヘアセットの基礎基本講習を行ってきて思うこと→→→それは人によって、上手くいかない原因は様々
ですので、LP-Beautyのヘアセット講習はマンツーマン指導〜少人数制にて、その方の上手くいかない原因を探り、修正や改善をし、必ず上達して頂けるよう取り組んでいます‼️
 
 
➡️絶対上手くなりたい方や、
自分たちの組織をヘアセット強化したい❗️
まずは教えられる人を作りたい❗️等など…
 
何かお悩みをお持ちの方は、是非一度お気軽にお問い合わせや 無料相談、受講等をご検討下さいませ😊✨
 
 
 
★プロ育成パーソナルトレーナーによるコンサル講習の★
 
 
 
オンラインレッスン、直接講習、
対応可❣️

 

それにしても…
初挑戦のウェーブニュアンス、ストレートアイロンで作る波もカクカクせずに
ゆるく丸みが出て、可愛くできたなぁ〜 たまには、自画自賛(笑)
 
{2A20B65A-34FE-4EB7-A945-E700798F6D56}
 
 
インスタグラム
 
 
 
 
ベルLPからのお知らせベル 
 
 
コミュニケーションとヘアセット講習をコラボさせた
教えるための教え方講習も行っております。
 
 
 
 
 
 
 

にくきゅうLP-BeautyのホームページTOPにくきゅう

ヘアセット講習☆詳細
 
→基礎・基本と逆毛というスタイル作りのパーツを学び、

組み立て理論でパーツの設計図作りや考え方、似合わせ方を学ぶスタイル数は無限大

講習の日程、お問い合わせはこちらから

講習日程 / ご予約